小牧太騎手が語る2017年重大ニュースベスト3!

2017年12月26日(火) 18:00

今回の太論は、2017年を振り返っていただきました

いよいよ『太論』も今年最後の更新となりました。そこで最初のトークテーマは、「小牧太騎手が語る2017年重大ニュースベスト3!」。「いいニュースではないのが残念なところやけど…」と話し始めたのは、やはりあの出来事。最後に、来年に賭ける思いも語ってくれました。
(取材・文/不破由妃子)



10年後より、「一年一年」「一週一週」「一鞍一鞍」が大事


──『太論』も今年最後の更新となります。この1年を振り返って、小牧太さんの重大ニュースベスト3を教えてください。

小牧 2017年の重大ニュース第1位は、騎乗停止が続いたこと以外にないでしょう。これまで何十年と馬に乗ってきたけど、あれだけ続くことはないからねぇ。いいニュースではないのが残念なところやけど、文句なしの第1位やね。まぁとにかく休んだわ。ただ、その休み中にいろいろなことができたのは、今となってはいい思い出やね。生まれて初めてボランティアにも参加できたし。

──そういった出来事が2位や3位に入ってくる感じですか?

小牧 そうやね。第2位が初めてのボランティア、第3位が息子と一緒に牧場で働いたことかな。やろうと思えば何でもできると改めて思ったわ。そういえば、福岡の(ボランティアで行った)おばあちゃんの家、どうなったかなぁ。いつも気にはなってるんやけど、なかなか行けなくて。

──「機会があればまた行きたい」とおっしゃっていましたものね。もうひとつ、年明けから...

1967年9月7日、鹿児島県生まれ。1985年に公営・園田競馬でデビュー。名伯楽・曾和直榮調教師の元で腕を磨き、10度の兵庫リーディングと2度の全国リーディングを獲得。2004年にJRAに移籍。2008年には桜花賞をレジネッタで制し悲願のGI制覇を遂げた。その後もローズキングダムとのコンビで朝日杯FSを制するなど、今や大舞台には欠かせないジョッキーとして活躍中。

©NetDreamers