アジュディミツオーに続け!ヒガシウィルウィン/東京大賞典

2017年12月28日(木) 18:00



一年の締めくくりにトップホースたちが集結


 ダート競馬の一年を締めくくるビッグレース『第63回東京大賞典(GI)』。今年も激戦を繰り広げてきたトップホースたちが12月29日(金)、大井競馬場に集結します。

 昨年はアウォーディー、サウンドトゥルー、コパノリッキーの3つどもえの戦いが予想されましたが、栄冠を手にしたのは5番人気で単勝16.3倍だったアポロケンタッキー。果たして今年はどんな決着が待っているのか、例年以上の盛り上がりを見せそうです。

ヒガシウィルウィンは大井の2000mは絶好の舞台


 強力メンバーが揃う中、今回最初に名前を挙げるのは船橋のヒガシウィルウィン。地方馬として7年ぶりにJRA勢を撃破しジャパンダートダービーを制覇した3歳ダート王。前走・浦和記念は休み明けで馬体重プラス13kgと仕上がり途上の印象。レースでは3コーナーで一気にマイネルバサラに交わされたあと、さらにオールブラッシュとナムラアラシにも交わされていったんは4番手に。そのまま下がってしまうかと思いきや4コーナーを回って再び2番手に浮上。不良馬場でマイネルバサラからは6馬身離されましたが、3着オールブラッシュには6馬身差をつけての2着。初めての古馬相手で、勝負所で見せた粘り強さは“負けて強し”の印象。次に繋がるレースぶりでした。元来、左回りよりも右回りの方が力を発揮できると思われ、大井の2000mは絶好の舞台でしょう。

前走も“負けて強し”の印象だったヒガシウィルウィン(写真は17年ジャパンダートダービー優勝時、撮影:高橋正和)

 2004年に3歳で東京大賞典を制したアジュディミツオーは翌年2005年も連覇。GIを5勝し、地方競馬を代表する存在となりました。同じ船橋競馬から3歳で東京大賞典に挑戦するヒガシウィルウィン。偉大な先輩アジュディミツオーに続く王者になることができるでしょうか。森泰斗騎手も手に入れたいGIタイトル。当然狙うのは“1着”ですが、ここで良いレースが出来れば来年以降の更なる飛躍は確約されたようなもの。将来を夢見る頂点を目指す戦いに心が躍ります。

過去にはアジュディミツオーが3歳で制覇している(写真は05年東京大賞典優勝時、撮影:高橋正和)

 ヒガシウィルウィンの前に立ちはだかる強豪揃いのJRA勢。筆頭はこれがラストランとなるコパノリッキー。先日の有馬記念ではキタサンブラックが有終の美を飾りましたが、砂のグランプリでもコパノリッキーがラストランを勝利で飾ることができるか注目が集まります。ご存知GI・JpnI10勝馬が史上初の11勝目をかけての出走。実績を考えたらもちろんメンバー中ナンバーワンの存在。これまで大井競馬場では7戦して【2-3-0-2】。2015年JBCクラシックと2016年帝王賞を勝っていますが...

埼玉県出身。フリーアナウンサー。競馬好きが高じてこの世界へ。2001年から15年間、グリーンチャンネルで「中央競馬全レース中継」のキャスターを務める。2016年度から「グリーンチャンネル地方競馬中継」のコメンテーターとして出演。さらに全国各地の競馬場のトークイベントに参加するなど、中央競馬・地方競馬の垣根を越えて活躍中。

©NetDreamers