【エピローグ】ラストランを終えて……

2017年12月28日(木) 12:01

▲ netkeiba Books+ から「【エピローグ】ラストランを終えて……」のリードをお届けいたします。(写真:キタサンブラックお別れセレモニー 撮影:下野雄規)

 中山の舞台で行われた第62回有馬記念はキタサンブラックが逃げ切り、有終の美を飾った。これで実に7つ目のGIタイトル。テイエムオペラオーを抜き歴代賞金王の座にも輝いた。

 キタサンブラックと鞍上の武豊騎手がそこで示したのは、一分の隙もない完璧な強さ、2分33秒6の濃密な「王者の時間」だった。最終レース終了後に開催されたお別れセレモニーには5万人ものファンが集い、別れを惜しみ、そしてオーナーの北島三郎氏はスタンド前で愛馬のために歌った。この様子は一般メディアでもトップニュースとして報じられた。

 キタサンブラック最後の走りは筆者の目にどう映ったのか。競馬史に残る1日となった2017年12月24日を振り返る。


(文:島田 明宏)

(続きは 『netkeiba Books+』 で)


【エピローグ】ラストランを終えて……
  1. 第1章 名馬を超え、社会現象になったキタサンブラック

競馬に新たな価値を。netkeiba豪華ライター陣が贈る至極の読み物をご堪能ください。

©NetDreamers