【フィナーレ】高倉稜騎手が単独出演『6年間、本当にありがとうございました』動画メッセージも!

2017年12月29日(金) 18:01


6年間の連載に終止符を打つこととなった『キシュトーーク!』。いよいよ今回がラストの更新となります。忘年会には参加できなかった高倉稜騎手が単独出演。思い出の取材、メンバーにひそかに抱いていた思い、読者の皆様へのメッセージを熱くお届けします!(文:不破由妃子)


「松ちゃんの皐月賞は泣きそうになりました」


 netkeibaをご覧のみなさん、こんにちは。JRAジョッキーの高倉稜です。

 6年間続いた『キシュトーーク!』が終了するということで、最終回の取材はぜひ参加したかったのですが、残念ながら都合が合わず…。今こうして一人で取材を受けていること、少し寂しく感じます。

 2010年にデビューし、2年目の9月に始まった『キシュトーーク!』ですが、最初は「キャリアの浅い僕が話せることがあるのか…」と、ちょっと不安でした。でも、回を重ねていくうちに、若手がどういう環境で、どういう気持ちで競馬に取り組んでいるのか、僕なりに伝えられたらいいなと思うようになり、いろんな企画に参加させてもらいました。

 (酒井)学さんやシュタルケ騎手との対談、夜が明ける前からの1日密着取材もありましたね。どれもこれもいい思い出で、いろいろと勉強になりました。

▲2013年2月掲載、先輩・酒井学騎手との対談

▲こんなマル秘ショットも

▲2014年4月掲載、川須栄彦騎手と一緒にシュタルケ騎手と対談

 いつの間にか恒例になっていた新年会も楽しかったです。僕と川須の期は、とにかく1個上の先輩と仲がいいんです。まぁ、僕と川須が馴れ馴れしいだけかもしれませんが(笑)、『キシュトーーク!』を通して、そんな和気あいあいとした雰囲気が伝わったのではないかと思っています。...

元祖「キシュトーーク」のレギュラー陣、国分恭介、国分優作、松山弘平、川須栄彦、高倉稜を中心に、栗東・美浦・地方からも幅広く、これからの競馬界を担うU25の若手ジョッキーたちが登場します!

©NetDreamers