【岩田康誠×藤岡佑介】第1回『自身3年ぶりのGI制覇 天皇賞(春)は岩田騎手の真骨頂』

2018年9月12日(水) 18:02

▲札幌開催中の骨折、佑介騎手が目撃した岩田騎手のびっくりエピソード

先週末にソウルで行われたコリアカップ(韓国GI)を、ロンドンタウンで連覇した岩田康誠騎手。この春には、天皇賞をレインボーラインで勝利するなど、大舞台で無類の強さを見せる岩田騎手ですが、これが実に3年ぶりのGI勝利でした。「岩田さんのGI勝ちが3年空くなんて」と驚く佑介騎手。岩田騎手が語る、この間の知られざる胸の内とは? また「京都の長丁場の岩田騎手は要注意」と佑介騎手。その真意とは!? (構成:不破由妃子)

うれしいんやけどうれしくない、複雑な気持ちやった


佑介 岩田さん、今日はよろしくお願いします。聞いたところによると、こういう取材はかなり久しぶりだとか。

岩田 うん、すごく久しぶりやね。

──私たちメディア側には、「岩田騎手はもうメディアの取材は受けない」という情報が入ってきていて、残念に思っていたのですが…。

岩田 そんなこと一度も言ってねぇー(笑)!

佑介 マスコミサイドの誤解があったんじゃないですか? だってジョッキーたちは、誰もそんな話聞いたことないですもん。今回も僕がオファーしたら、「いつでもええで」って言ってくれましたよね。

岩田 うん。でも、かなり久しぶりなのは確かやな。

佑介 じゃあ「封印を解いた」ということにしておきましょう(笑)。この春は、天皇賞で3年ぶりのGI制覇(レインボーライン騎乗)。岩田さんのGI勝ちが3年空くなんて初めてじゃないですか?

岩田 レッツゴードンキの桜花賞以来やったから…。3年間、長かったなぁ。もう勝てへんちゃうかなと思った。それまではポンポンとコンスタントに勝たせてもらっていたから、そういう状況に慣れていたのもあったし…。そんななかでの3年の月日というのはすごく長く感じたね。その間、ケガでの休養があったわけでもないし、それまで通り普通に乗っていたから。

▲岩田「3年間、長かったなぁ。もう勝てへんちゃうかなと思った」

佑介 けっこうしんどい時期でしたか?...

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利を挙げた。

©NetDreamers