netkeiba.com

最後の1冠はキタサンブラック! サブちゃんGI初制覇!/菊花賞

2015年10月25日(日) 18:19

セントライト記念を制してここに臨んだキタサンブラックがインコースから抜け出し、2番人気リアルスティールの追撃も振り切り菊花賞を制覇

 25日、京都競馬場で菊花賞(3歳・牡牝・GI・芝3000m)が行われ、好位の内でレースを進めた北村宏司騎手騎乗の5番人気キタサンブラック(牡3、栗東・清水久詞厩舎)が、直線で内の馬群を抜けて先頭に立ち、ゴール前で差を詰めた2番人気リアルスティール(牡3、栗東・矢作芳人厩舎)をクビ差振り切り優勝した。勝ちタイムは3分3秒9(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に1番人気リアファル(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。なお、3番人気サトノラーゼン(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)は5着に終わった。

 勝ったキタサンブラックは、父ブラックタイド母シュガーハートその父サクラバクシンオーという血統。血統面や日本ダービーを14着と惨敗したことから、前走のセントライト記念から距離を懸念され続けていたが、これを見事に覆す連勝で最後の1冠を手にした。また、本馬のオーナーで歌手の北島三郎さん(馬主名義は大野商事)にとってもこれが初めてのGI制覇となった。

【勝ち馬プロフィール】
キタサンブラック(牡3)
騎手:北村宏司
厩舎:栗東・清水久詞
父:ブラックタイド
母:シュガーハート
母父:サクラバクシンオー
馬主:大野商事
生産者:ヤナガワ牧場
通算成績:7戦5勝(重賞3勝)
主な勝ち鞍:15年セントライト記念(GII)

北村宏司騎手のコメント】
 本当に嬉しいです。(レースは)あまりポジションにはこだわらず柔軟に行こうと思いました。距離はどうかなと思いましたが、信じて乗りました。前半思ったより馬が我慢してくれたので、力を残して直線に向くことができて、最後まで頑張ってくれました。いつも応援して乗せていただいたオーナーに感謝したいと思います。

【北島三郎オーナーのコメント】
 皆さんありがとうございました。涙が出ました。レースは今まで全て関東でしたが、今日は地元の関西ですから勝つと思っていました(笑)。公約してましたから、歌うよ!(と、「まつり」のサビの部分を熱唱)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す