netkeiba.com

横山典が素質を認める三男坊 「あいつはマジで“ヤバい”」

2016年11月08日(火) 15:20

5日の公開模擬レースを勝利した横山武史君

 それは昨年の4月22日。取材のため訪れた某厩舎の大仲(休憩や打ち合わせをする場所)で、なぜか酒盛りが始まってしまった時の話だ。

「俺の夢ね…。そうだな。孫と一緒にレースすることかな」

 声の主は関東のレジェンドジョッキー・横山典弘である。気難しさもレジェンド級…いやいや、栗東に出向いて調教をつけたこの日は超ご機嫌だった。缶ビールをたらふく飲みながら「きょうだけは何でも聞いていい」と言うので、ここぞとばかりに質問攻めをさせてもらったのだが、将来の夢や人生観、失敗談やら…とにかくざっくばらんに答えてくれた。

 ビールの空き缶が積み上がり、だんだんとろれつが回らなくなってくる。ただ、競馬学校に在籍している三男の話題になると、急に真面目な顔つきに戻ってこう言ったのだ。

「あいつはマジで“ヤバい”から覚えとけ。恐らく、相当なもんになる」

 今月5日、東京競馬場で競馬学校騎手課程第33期の第4回模擬レースが行われた。勝ったのは横山武史君(17)。残念ながらレースを直接見ることはできなかったが、好スタートを決めて見事に逃げ切ったそうだ。「父には4コーナーで膨れたことを厳しく言われました。褒められることはなかったです。きょうは改めて、競馬の難しさや父のすごさが分かりました」。何とも殊勝じゃないか。これで模擬レースは第2回(2R目)、第3回に続いて3連勝。父親が言う通り、腕は確かということだ。

 時は再び昨春に戻る。武史君が優れているのは具体的にどの部分なのか。その問いに、JRA・G1・25勝を誇る名手は「プロ向きな性格」と簡潔に答えるにとどめ、続けてこんな持論を述べていた。

「俺が思うに、約10年なんだ。調べたら分かるけど、トップになれるような才能を持つジョッキーってのは、大体10年ごとに現れているんだよ。周期的に、ウチのやつもそれに当てはまる」

 横山典ら競馬学校2期生は1986年、武豊ら3期生は1987年にデビュー。30年の時を経た来年の3月、33期生は大志を抱いてターフへ繰り出す。「父のように、ファンを楽しませられるようになりたい」。模擬レース終了後にそう誓った武史君が将来、どんな活躍を見せてくれるのか。今から楽しみだ。(デイリースポーツ・長崎弘典)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す