netkeiba.com

スワーヴリチャード完勝! いざクラシックへ!/共同通信杯

2017年02月12日(日) 17:50

2番人気のスワーヴリチャードが直線で抜け出し快勝(撮影:下野雄規)

 12日、東京競馬場で行われた共同通信杯(3歳・GIII・芝1800m)は、スタートで若干遅れるもすぐに好位につけた四位洋文騎手騎乗の2番人気スワーヴリチャード(牡3、栗東・庄野靖志厩舎)が、直線で馬群を捌きつつ先頭に立って後続を突き放し、最後は内で渋太く粘った6番人気エトルディーニュ(牡3、美浦・小桧山悟厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分47秒5(良)。

 さらにアタマ差の3着に1番人気ムーヴザワールド(牡3、栗東・石坂正厩舎)が入った。なお、3番人気エアウィンザー(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)は6着に終わった。

 勝ったスワーヴリチャードは、父ハーツクライ母ピラミマその父Unbridled's Songという血統。近5年の連対馬から4頭の皐月賞馬が誕生している、クラシック直結のレースを見事完勝した。

【勝ち馬プロフィール】
スワーヴリチャード(牡3)
騎手:四位洋文
厩舎:栗東・庄野靖志
父:ハーツクライ
母:ピラミマ
母父:Unbridled's Song
馬主:NICKS
生産者:ノーザンファーム
通算成績:4戦2勝(重賞1勝)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す