netkeiba.com

【ドバイWC】アウォーディー世界の壁厚く5着 ユタカは伸びしろ実感

2017年03月27日(月) 06:00

 5着に終わった武豊&アウォーディー(右)と9着のルメール&アポロケンタッキー

ドバイWC・UAE・G1」(25日、メイダン)

 メインのドバイワールドCでは、世界最強馬アロゲートが圧巻の走りで7連勝を達成。4頭が出走した日本馬はアウォーディーの5着が最高だった。

 世界の壁は厚かった。初の海外遠征だったアウォーディーは好位の5番手を追走。直線は懸命に脚を伸ばしたが、5着に敗れた。「残念だけど、ベストを尽くしてくれた。タフなレースでも食らいついて最後は盛り返した」。武豊が日本馬最先着をたたえれば、松永幹師も「頑張ってくれました。次は帝王賞(6月28日・大井)へ」と前を向いた。

 初の空輸に初コース。初ものずくめのアウェー戦だったが、「7歳とは思えない対応だった」とユタカは感心する。年齢は重ねていても、ダートはまだ9戦目。初めて連対を外したが、まだ伸びしろがある。そんな手応えを感じ取る遠征だった。

「直線はアッという間。強いわ」。勝者アロゲートには脱帽した名手だが、「芝は日本馬が強い。ジョッキールームでも話題になっていたよ。日本人の意地を見せたかったけどね。またトライしたい」と力を込めた。海外G110勝目へ向けて、ユタカの挑戦は続いていく。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す