netkeiba.com

【ドバイターフ】友道師破顔一勝!念願の海外G1初勝利「いい雰囲気で臨めた」

2017年03月27日(月) 06:00

 ドバイターフをヴィブロスで制した佐々木オーナー(右から3番目)と加奈子夫人(同2番目)=撮影・井上達也

「ドバイターフ・UAE・G1」(25日、メイダン)

 中東の地で日本代表のなでしこが魅せた。ヴィブロスが、昨年のリアルスティールに続き日本馬4頭目となるドバイターフ制覇。元メジャーリーガーの“大魔神”こと佐々木主浩オーナーは、1着賞金約4億円をゲットした。

 ヴィブロスを管理する友道師にとっては念願の海外G1初勝利。「いい雰囲気で臨めたし、ジョッキーも最高の騎乗をしてくれた」と満面の笑みを浮かべた。小柄ながら、ドバイ滞在中も馬体をほぼ減らすことなく調整が進んだ。堂々と落ち着いた姿に「こっちの馬みたい。頼もしい」と目を丸くするほどだった。

 今後について「BCフィリー&メアターフも選択肢のひとつ」と明かす。BCターフ参戦をにらむ、同じ佐々木氏所有の僚馬シュヴァルグランとの2頭で、オーナーが活躍したアメリカの地へ乗り込むプランを描いている。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す