netkeiba.com

リスグラシュー武豊騎手「十分、勝ちを意識できる馬」/オークス共同会見

2017年05月17日(水) 20:31

リスグラシューについて「ここでGIホースにしてあげたいという気持ちは強い」と語った武豊騎手(撮影:花岡貴子)

リスグラシューに騎乗予定の武豊騎手

――前走の桜花賞を振り返ってください。
武豊 2着によく頑張ってくれたんですけど…惜しかったですね。

――終いの伸びは目立っていましたね。
武豊 そうですね。ゴール前はよく伸びていましたね。

――勝負処で1着馬と離されたのが…という話をされていましたが。
武豊 そうですね。勝ち馬の真後ろでレースをしていたんですが、4コーナーで少しもたついてしまいその差が最後まで逆転できませんでした。

――状態については?
武豊 はい、チューリップ賞の前よりは桜花賞前のほうが調教の動きは良かったので状態は良くなっているな、と思っていました。

――桜花賞後の状態はいかがでしょうか?
武豊 先週乗ったんですけど、いい動きをしていました。状態としてはいい感じだなと思います。

――桜花賞よりも状態がアップしていると言ってよろしいでしょうか?
武豊 いや、どうでしょうね?桜花賞の時も状態良かったですからね。同じような感じだと思います。

――東京2400については?
武豊 東京コースは一度走って勝っているし、合っていると思います。距離はほとんどの馬がそうだと思いますが、未知の距離なのでやってみないと分からないです。…まぁ、悪くはないと思いますけどね。

――2400はベストではない、と?
武豊 ほとんどの馬がそうだと思います。ただ、オークスというレースは距離適性というのはあまり関係なくやっている馬も結構います。いままでのレース内容からすると距離が延びるのは特にマイナスにはならないと思います。

――何か注文をつける部分はありますか?
武豊 そんなに乗り難しいタイプではないですけど。ただ、スタートはあまり上手ではないですね。折り合いは問題ないですけど、レース当日のイレ込みは心配ですね。

――東京の芝のコンディションについては?
武豊 先週は雨が相当降ってそれが残っていました。でも、今週は天気予報をみると雨はなさそうですけど…、内のほうは傷んでいるかもですね。

――武さんにとっても久しぶりのオークス制覇を意識されているかと思います。
武豊 久しくオークスは勝っていないですから、久々にチャンスのある馬で挑めます。十分、勝ちを意識できる馬ですし、この馬自身GIに出走して2着が続いていますから、なんとかここでGIホースにしてあげたいな、という気持ちは強いです。

(取材・写真:花岡貴子)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す