netkeiba.com

トゥザヴィクトリーの仔、トゥザフロンティアがデビュー/関西メイクデビュー情報

2017年07月17日(月) 18:00

追い切りで新馬としては最高レベルのタイムを出したトゥザフロンティア(撮影:井内利彰)

 やはり中京芝1600mでデビューしてくる馬は、クラシック路線を意識できる馬が多い。昨年の7月24日中京芝1600mで行われた2歳新馬で2着だったアドマイヤミヤビ(栗東・友道康夫厩舎)。翌年にクイーンCを勝って重賞ウイナーとなり、オークスでは3着という結果。今秋の活躍にも注目だろう

 7月16日の2歳未勝利(中京芝1400m)を勝ち上がったレッドシャーロット(栗東・庄野靖志厩舎)。デビュー戦は中京芝1600mでトロワゼトワル(栗東・安田隆行厩舎)にクビ差敗れていたが、未勝利戦では2着に1馬身1/4差の完勝。今後の動向はもちろん、新馬戦で敗れた相手との再戦も期待したいところ。

【7月22日(土) 中京芝1600m】

◆トゥザフロンティア(牡、父ロードカナロア、母トゥザヴィクトリー、栗東・池江泰寿厩舎)

 重賞5勝のトゥザグローリー(父キングカメハメハ)、2014年弥生賞を制したトゥザワールド(父キングカメハメハ)など...

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す