netkeiba.com

アドマイヤミヤビが屈腱炎でローズS回避

2017年09月13日(水) 18:29

ルメールを背に栗東CWで追い切るアドマイヤミヤビ=栗東トレセン(撮影・石湯恒介)

 デイリー杯クイーンCの覇者で、オークス3着のアドマイヤミヤビ(牝3歳、栗東・友道康夫厩舎)が、始動戦のローズSを回避することが13日、明らかになった。最終追い切り後に左前脚の歩様の乱れが確認されたためで、その後の精密検査の結果、屈腱炎と判明。友道康夫調教師は「けさの動きも良く、上がり運動までは問題なかったが、洗い場に入れたところで分かりました」と状況を説明した。全治については未定だが、今秋中の復帰は絶望的となった。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す