netkeiba.com

3歳牝馬の凱旋門&キングジョージ制覇は史上初、歴史的名馬に肩を並べたエネイブル

2017年10月02日(月) 17:00

3歳牝馬による凱旋門&キングジョージ制覇は史上初(撮影:高橋正和)

 1日に行われた凱旋門賞(仏GI・シャンティイ・芝2400m)を1番人気に応え勝利し、GI・5連勝としたエネイブル。騎乗したランフランコ・デットーリ騎手は凱旋門賞通算5勝目の史上最多記録となった。また、前走・ヨークシャーオークスからの凱旋門賞勝利は史上初、イギリスの3歳牝馬による勝利も史上初、ブックメーカー1番人気馬の勝利は2009年のシーザスターズ以来など、記録の面でも優秀なエネイブルの勝利だったが、特に目を引くのが「3歳馬による凱旋門賞とキングジョージの同一年勝利」だ。これまでに達成したのはミルリーフ(1971年)・ダンシングブレーヴ(1986年)・ラムタラ(1995年)で、牝馬としては史上初となる。

 その3頭も、ミルリーフは同じ年に英ダービーも制し通算成績は14戦12勝(GI・6勝)、ダンシングブレーヴは並みいるメンバーが揃った凱旋門賞でのレコード勝ちなど通算成績は10戦8勝、ラムタラは通算成績4戦4勝で英ダービー・キングジョージ・凱旋門賞を制した「神の馬」と、いずれも歴史的名馬たちであり、それに続くエネイブルの快挙だった。

 管理するJ.ゴスデン師は、今年はエネイブルをこれ以上は出走させないとインタビューで答えているが、来年の“新装ロンシャン初”の凱旋門賞制覇にも意欲を見せている。この歴史的名牝がどこまでの成績を残していくか、期待は膨らむばかりだ。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す