netkeiba.com

「いかにも走る“マル外”」アイキャンフライがデビュー/関東馬メイクデビュー情報

2017年10月10日(火) 18:00

「いかにも走る“マル外”」と手塚貴久調教師が評価するアイキャンフライ(撮影:竹之内元)

 今週は4回東京開催の4・5日目となるが、過去にはここの新馬戦からスピルバーグ、サンカルロ、ローエングリンなど後の活躍馬が多く出ており、昨年は後にレパードSを勝利するローズプリンスダムも出走していた。

 今年も今後の重賞戦線でも活躍が期待できそうな馬が出走を予定している。

◆マウレア(牝、父ディープインパクト、母バイザキャット、美浦・手塚貴久厩舎)

 5歳上の全姉アユサンは2013年の桜花賞馬。8月中旬に入厩し、ここまで順調に乗り込まれてきた。1週前の追い切りでは年上のオープン馬に先着と好気配だ。

「もう少し力強さが出てくるといいけど、走らせてみるとアユサンに似たところはある。デビュー前の比較では姉のような緩さや体質的な弱さを感じないし、気も強いタイプ。調教でも十分に動いているし...

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す