netkeiba.com

【マイルCS】サトノアラジン陣営「最高の状態はキープ中。あとは天気だけ」/ねぇさんのトレセン密着

2017年11月14日(火) 20:30

引き続き元気な状態で向かえそうなサトノアラジン(撮影:花岡貴子)

 日本には欧米のような天候などの理由で出走を取りやめる“スクラッチ(scratch)”制度はありません。もしも、日本にスクラッチがあったなら、今年の天皇賞(秋)菊花賞では不良馬場を理由に出走をやめる馬がいたことでしょう。天皇賞(秋)に出走したサトノアラジンもきっとそうしていたはず。でも、ここは日本。こんな「れば」「たら」を言っても仕方ありませんね…。

天皇賞(秋)のときは絶好調。状態は過去最高というほどいい仕上がりだったんです。でも、あの馬場では…」

 と、サトノアラジンを担当する山元助手は苦笑い。ホント、あの条件ではアラジンらしい走りを求めるのは無理。ただでさえエンジンは一級品ながらも大型馬ゆえに器用さに欠けるアラジンにとって、あの馬場ではエンジンをいくら吹かそうにもカラ吹かしに終わらざるを得なかったのは言うまでもありません。

 でも、幸いなことにアラジンは引き続き、元気な状態でマイルCSに向かえそうです。

「馬はとても元気で、前走のいい状態をキープしています。獣医さんも問題ないと言ってくれていますしね。もともと、大型馬で競馬を使っていくにつれてパフォーマンスが上がっていくタイプ。今回こそはアラジンらしい脚をお見せしたいです」

 サトノアラジンマイルCSのあとはまもなく検疫厩舎に入り、香港への遠征が決まっています。

「枠はジョッキーがなんとかしてくれるでしょう。京都コースも悪いわけではないですし。勝つ力はある。あとはホンマに天気だけです。良馬場になって欲しいです」

(取材・写真:花岡貴子)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す