netkeiba.com

後の活躍馬多数の出世レース、好走の条件とは/東京スポーツ杯2歳S展望

2017年11月15日(水) 06:00

G1戦線に活躍馬を輩出しているレースの傾向とは

 毎年のようにGI戦線での活躍馬を輩出しているレース。ただ、同じ11月にデイリー杯2歳S京都2歳Sが行われるようになったことで出走頭数の減少傾向が見られ、今後はレースの性格に変化が生じてくる可能性もある。注視したい。

1.決め手勝負で速い上がりが必要

 スピードがある馬は前週までの京王杯やデイリー杯に回るため、ほとんどの場合スローペースで、最後は鋭い決め手が問われる。良馬場で行われた過去8回のうち、レースの上がり3Fが34秒台になったことが5回。33秒台の末脚を使えることは、勝ち負けするための必須条件に近い。

2.圧勝実績が破壊力の証明

 決め手勝負で勝ち切るためには末脚の破壊力が必要になるが、その裏付けとして「弱い相手でも突き放して勝った実績があるか」という点に注目したい。ブレスジャーニースマートオーディンコディーノディープブリランテサダムパテックはいずれも0.4秒(およそ2馬身)以上の差をつけての勝利経験があった。

3.キャリアは軽視できない

 2011年以前の5年間は、前走が新馬戦だった馬=1戦1勝馬が4勝を挙げていたが、2012年以降昨年までの5年間になると、連対は2014年のサトノクラウンただ一頭と激減、傾向が一変している。


 ここはワグネリアンルーカスというのが大方の下馬評だろう。いずれ劣らぬ素質馬だが、完成度の点でワグネリアンがリードしていると見る。中京の新馬戦でマークした上がり3F32.6秒は、古馬を含めても史上最速という驚異的な数字。重馬場になった野路菊Sも2馬身半差で圧勝しており、力を要する馬場にも不安は少ない。無傷の3連勝を決めて、クラシックに名乗りを上げてほしいところだ。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す