netkeiba.com

ウインブライト、中山金杯厩舎情報/美浦トレセンニュース

2018年01月03日(水) 20:10

松岡騎手が騎乗して中山金杯の最終追い切りを行ったウインブライト(撮影:佐々木祥恵)

 前走の福島記念(GIII)で重賞2勝目を挙げ、古馬になった今年、更なる飛躍が期待されるウインブライト(牡4・美浦・畠山吉宏)。主戦の松岡正海騎手が騎乗して、3日(水)にウッドチップコースで追い切った。

 畠山調教師は「ジョッキーが乗って追い切りを重ねるごとに体も少しずつ締まってきました。それに伴い、動きも軽くなり、気合いも乗ってきました。前走勝てたことで、その後のレースを使わずに金杯を目標にできました。ここまでは予定通り来ています」と、年明け初戦に向けて手応えを感じているようだ。

 一方松岡騎手は、前走は決して仕上がりが良かったわけではなかったと明かした。「追い切りは全部僕に任せてもらっているのですが、前走は少し太め残りだと感じたので、直前にまたやったら、トモにかったるさが出てしまいました」。

 その状態で勝てたことについては「馬場状態を考えて早めに動いたのですが、他の馬に差されなかったのは、あのメンバーでは力が上だったのでしょう」と評価した。

 気になるのは今回の仕上がり具合だが、「まだ体が緩くてボテッと映るので、先生とも相談して追い切り以外は長めの距離を乗って全体的な運動量を増やしてもらっていたので、最終追い切りはあまりやりすぎないようにしました。今回は追い切りで負荷をかけていない分、フレッシュです」と状態は前走より良さそうだ。

「まだ良くなる余地はありますし、今年の秋くらいには完成した姿になるのではないかと思います。距離適性は1600〜2000mだと思いますが、この先GIを狙いたいですね」

(取材・文:佐々木祥恵)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す