netkeiba.com

得意の条件で充実ぶり見せたアンジュデジール/マリーンC回顧(斎藤修)

2018年04月12日(木) 18:00

初めて逃げの手に出て、見事に後続の追撃を封じて見せたアンジュデジール(撮影:高橋正和)

 逃げるのはニシノラピートミッシングリンクかと思ったのだが、ハナを主張したのは意外にもアンジュデジールだった。主張したといっても先行争いになったわけではなく、他馬の出方をうかがいながら先頭へ。横山典弘騎手といえば、従来の脚質にこだわらず意表を突く作戦で結果につなげることは周知のとおりだが、今回もアンジュデジールにとっては初めて逃げの手に出て、見事に後続の追撃を封じて見せた。レースのラップは次のとおり。

 13.0 - 12.6 - 12.9 - 13.0 - 12.3 - 12.2 - 12.4 - 12.8

 一般的なレースのラップでは、スタートしてダッシュがつく2F目が速くなるが、船橋1600mのコースは2F目が最初の1コーナのカーブにあたるため、よほど激しい先行争いにでもならない限りあまり速いラップを示すことがない。とはいえ2F目の12秒6というのは、いきなりペースが落ち着いたことになる。

 個人的な思いとしては、年末の東京シンデレラマイルを人気薄で逃げ切ったニシノラピートにレースをかき回してほしかったのだが、そうはならなかった。さすがに中央馬相手に逃げても通用しないと思ったのかもしれない。アンジュデジールの横山騎手には、逃げる可能性のあったニシノラピートミッシングリンクも外の枠だったことで、みずからハナへということも選択肢にあったのだろう。それにしても昆貢調教師にして「ハナに行くとは思っていませんでした」ということでは、他の有力馬の鞍上にとっても意表を突かれたということはあったかもしれない。

 逃げたアンジュデジールの直後3番手を追走していたクイーンマンボ、4番手の外目から4コーナーで並びかけていったヤマニンアンプリメ、直線では3頭の追い比べとなったが、アンジュデジールが、3/4馬身、クビという差で振り切った。最後の2Fのラップが12秒台から落ちなかったことでも、平均ペースで道中いかに脚を溜めることができたかがわかる。

 1番人気に支持されたのはクイーンマンボだったが、半年ぶりの休み明けに加え、これまで経験のない短い1600m戦。いくつかの不安があったクイーンマンボに対して、アンジュデジールは実績を残してきた条件。これでダートの左回りは6戦4勝、2着2回。エンプレス杯からの連勝ということでも、4歳になっての充実ぶりを示した。またこの人気2頭だけが、ともに初めての57キロを背負っていたことでも力の違いを見せた。

 前走コーラルSでは直線鋭い脚を見せたヤマニンアンプリメだが、さすがに今回はゆったりしたペースとなって、前を射程圏に入れる4番手を追走。直線を向いたところではアンジュデジールに並びかけたが、最後は振り切られてしまった。1、2着馬より2キロ軽い55キロということでは力負けともいえるし、経験の少ない距離的な面もあっただろう。それでも牝馬同士なら能力的にトップクラスとも差がないことは示した。ただし、牝馬限定のダートグレードには短距離戦(1400m以下)がないため、距離の克服か、短距離路線で牡馬と戦っていくか、ということになる。さらに地方のダートグレードの出走枠に入るには賞金加算という課題もある。

 ミッシングリンクは、前にいた地方馬2頭、オルキスリアンニシノラピートをなんとか直線半ばでとらえてという4着。パドックでは抜群の気合に見えたのだが、エンプレス杯から今回、TCK女王盃のような走りが見られない。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す