netkeiba.com

皐月賞ダイジェスト/勝ちタイムは2分0秒8(稍重)

2018年04月15日(日) 18:31

皐月賞はエポカドーロが後続に2馬身差をつけて勝利(撮影:下野雄規)

 12番グレイルがスタートで出遅れ。6番アイトーンが押してハナに立ち、これに10番ジェネラーレウーノ、16番ジュンヴァルロが続いて、後続を引き離していく。2コーナーに入ったところで、この3頭と4番手の7番エポカドーロとの差は10馬身ほどに広がった。エポカドーロから1馬身半差で8番ケイティクレバーと14番サンリヴァル、1馬身半差で11番マイネルファンロン、さらに1馬身差で4番スリーヘリオス、その外に1番タイムフライヤーと13番ダブルシャープが続く。1馬身差で9番オウケンムーンと3番ジャンダルム、1馬身差で2番ワグネリアン、直後にグレイル、半馬身差の外に15番ステルヴィオが続き、さらに1馬身後ろの最後方が5番キタノコマンドールとなった。

 1000mの通過タイムは59.2秒。残り600m地点でもまだ逃げるアイトーン、2番手のジェネラーレウーノ、3番手のジュンヴァルロエポカドーロ以下を大きく離していたが、ジュンヴァルロは苦しくなって徐々に後退。これにエポカドーロケイティクレバーサンリヴァルなどが迫ってきたところで最後の直線を迎える。

 直線に入って、残り200m地点でジェネラーレウーノアイトーンを交わして先頭に立ったが、外からエポカドーロが一気に迫ってきた。そのさらに外からサンリヴァルも上がってきている。揃って後方にいたステルヴィオキタノコマンドールワグネリアンも脚を伸ばしているものの、さすがに位置取りの差で苦しいか。最後は、坂を上ってエポカドーロが一気に突き抜け、2番手に上がったサンリヴァルに2馬身差をつけてゴール。父オルフェーヴルとの皐月賞父子制覇を達成した。

 2着サンリヴァルから1.3/4馬身差の3着には、ジェネラーレウーノが粘り込んだ。さらにクビ差の4着にステルヴィオ、ハナ差の5着にキタノコマンドールが入り、ここまでの上位5頭が日本ダービーの優先出走権を獲得。ワグネリアンは7着だった。勝ちタイムは2分0秒8(稍重)。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す