netkeiba.com

【皐月賞】エポカドーロ 父子制覇! 三冠馬オルフェーヴルに新たな勲章

2018年04月16日(月) 06:05

 皐月賞を制したエポカドーロ(中央)。右は2着のサンリヴァル。左は3着のジェネラーレウーノ

 「皐月賞・G1」(15日、中山)

 偉大な血が大一番で騒いだ。7番人気のエポカドーロが鮮やかに1冠を奪取。11年覇者であるオルフェーヴルとの父子制覇を決めた。鞍上の戸崎圭は通算28回目の挑戦でクラシック初V。2着は9番人気のサンリヴァルで、3着は8番人気のジェネラーレウーノ。1番人気ワグネリアンが7着、2番人気ステルヴィオが4着に敗れるなど、人気馬が総崩れとなった。

 混戦ムードを断ち切ったのは7番人気の伏兵だった。雨上がりのターフで力強いフットワークを繰り出し、エポカドーロが栄えある1冠を奪取。「G1というのは格別。クラシックを初めて獲れたことをうれしく思います」。通算28回目の挑戦で初のクラシック制覇をかなえた戸崎圭が喜びをかみしめた。

 3頭がハナを争った1000メートル通過は59秒2のハイペース。「いい展開になったと思った。リズムと手応えを感じながら行けました」。描いた通りの流れに乗り、前と離れた第2グループの先頭を駆けると、余裕の手応えで直線へ。最後は後続の追撃を振り切り、2馬身差の完勝。「馬は余裕があったかもしれないけど、僕はいっぱいいっぱいで」と笑顔で振り返った。

 決戦前日から、中山競馬場で鞍上と入念な打ち合わせを行っていた藤原英師も白い歯がこぼれる。「色んな選択肢を考えていた。戸崎も頭がグシャグシャになったんと違うかな。そのうちの一つがはまった。爽快な勝利」と満足げだ。

 偉大な父に続いた。父オルフェーヴルは11年の覇者。その初年度産駒によるクラシック勝利に「だてに三冠を獲っていない。爆発力があって大物を出す」と師はうなずく。とはいえ、母ダイワパッションは短距離馬。「胴も詰まっていて、どこに適性があるのかを見分けるのが大変だった」と当初は路線に悩んだことを明かしたが、文句なしのV劇に「この勝ち方は今後が楽しみになる」と期待は膨らむばかりだ。

 次戦はもちろんダービー(5月27日・東京)。「ポテンシャルをどう生かすか。やりがいがある」。リーディング首位独走の指揮官にとっては腕の見せどころだろう。鞍上も「胸を張って行きたい」と意欲をのぞかせる。人気馬総崩れとなった第1冠。府中の祭典は真価が問われる舞台となりそうだ。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す