netkeiba.com

今年は地方馬にもチャンスあり! 地元記者が混戦かきつばた記念を徹底分析!

2018年04月29日(日) 18:13

地元・名古屋での交流重賞だけに、カツゲキキトキトとしては是が非でも勝利したいところ(写真=谷口浩)

 4月30日、名古屋競馬場の1400mで行われる中央交流重賞のかきつばた記念。今年これまで、短距離の交流重賞は2レース開催され、高知の黒船賞(1400m)は兵庫のエイシンヴァラーが勝って、浦和のブルドッグボスが3着。大井の東京スプリント(1200m)では船橋のキタサンミカヅキが2着、大井のサブノジュニアが4着、ブルドッグボスが5着と、このところ地方馬が奮闘している。今年は、前述したなかからエイシンヴァラーブルドッグボスの2頭が参戦。とくに後者は一昨年の本レースの2着馬でもあり、短距離重賞の実績という点でも主力としての期待がかかる。

 実際、ハンデ戦に衣替えした昨年は、いきなり地方馬が勝利。52キロのトウケイタイガー(兵庫)が逃げ切った。勝ち馬以外にも53キロのタイニーダンサーJRA)が4着、ラブバレット(岩手)が5着と軽量馬が善戦。別定戦の頃を振り返っても52キロのラブミーチャン(笠松)が3着2回、エーシンクールディ(笠松)が4着、ピッチシフター(名古屋)が4着、コーリンベリーJRA)が1着と、軽量馬の活躍が目立つレースとなっている。

 以上のことを踏まえると、53キロで出走できる地元・名古屋のカツゲキキトキトに注目したいところ。これまで交流重賞で2着1回3着3回の実績もさることながら、前哨戦の東海桜花賞を勝ち、昨秋にはゴールド争覇トウケイタイガーを下している。1400mで中央相手は初めてになるが、守備範囲と考えていい。東海桜花賞カツゲキキトキトに1・1/2馬身差の2着に健闘したポルタディソーニ(名古屋)も51キロで臨めるだけに、侮れぬ存在になってきそうだ。

 中央勢では、黒船賞で2年連続2着のキングズガードが筆頭格だろう。ただし、前走の黒船賞エイシンヴァラーとの斤量差が1キロから2キロに広がったのは気になるところで、さらに先行有利の傾向が強い名古屋競馬場が舞台だけに、脚質的な不安は否めない。過去10年で中央馬が8勝しているレースだが、今年は地方馬で十分に太刀打ちが可能なのではないだろうか。
(取材・文=「中日スポーツ」記者・森徹也)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す