netkeiba.com

【凱旋門賞2018】エネイブル故障で1番人気はクラックスマンに サクソンウォリアーが3番人気

2018年05月08日(火) 12:30

現在凱旋門賞1番人気となっているクラックスマン(写真は2017年グレートヴォルティジュールS優勝時)

 昨年の凱旋門賞馬・エネイブル(牝4、英・J.ゴスデン厩舎)の脚部不安による調整・復帰戦の遅れにより、欧州最大のレースの1つ、10月7日にパリ・ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1・芝2400m)のブックメーカー各社の前売りオッズにも変化が出ている。

 エネイブルの僚馬で、4月29日にパリ・ロンシャン競馬場で行われたガネー賞(G1・芝2100m)を4馬身差完勝した昨年の欧州最優秀3歳牡馬のクラックスマン(牡4、英・J.ゴスデン厩舎)が前売り1番人気に浮上した。同馬の次走は、5月27日にアイルランドのカラ競馬場で行われるタタソールズゴールドC(G1・芝2100m)が有力。

 また、5日にイギリスのニューマーケット競馬場で行われたクラシック第1冠目の英2000ギニーを制し、日本産馬初の英国クラシック制覇の偉業を達成したディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)が、上記ゴスデン厩舎の有力2頭に次ぐオッズとなっている。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す