netkeiba.com

プロミストリープが2冠に挑む/東京プリンセス賞の見どころ

2018年05月08日(火) 17:00

2冠制覇に挑むプロミストリープ(撮影:武田明彦)

 10(木)に大井競馬場で行われる東京プリンセス賞JRAから3連勝で桜花賞を制したプロミストリープが2冠制覇に挑む。主な出走予定馬は以下のとおり。

■5/10(木) 東京プリンセス賞(3歳・牝・SI・大井ダ1800m)

 プロミストリープ(牝3、大井・藤田輝信厩舎)はJRAの新馬戦を圧勝し、続く500万下条件もクリア。大井に転籍して臨んだ桜花賞では道中苦しい位置になりながらも直線で鋭く差し切る強い競馬。1冠目をあっさり制して見せた。控えるレース振りから距離延長も問題なさそうで、直線が伸びるここもまず勝ち負けに持ち込めそうだ。

 グラヴィオーラ(牝3、船橋・佐藤賢二厩舎)は昨年の東京2歳優駿牝馬を勝っている。近2走は勝ち切れていないが、それでも強い相手に食い下がっている。堅実で、ここも上位争いは必至。

 パパドプロス(牝3、大井・藤田輝信厩舎)は2走前のクラーベセクレタ・メモリアルで、のちにユングフラウ賞を勝ったエターナルモールと際どい競馬。間隔をとって臨んだ前走八重桜特別では休み明けでもきっちりと押し切って見せた。成長を感じさせ、ここでも期待できそう。

 ゴールドパテック(牝3、川崎・岩本洋厩舎)は近2走が不振だが、ローレル賞勝ちなど昨秋の実績を考えるともっとやれて良い。馬格があって素質を感じさせるので、巻き返しを期待したい。

 発走は20時10分。

■調教追い切り動画


■陣営インタビュー





関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す