netkeiba.com

【仏ダービー】ディープ産駒が日仏ダービー制覇!スタディオブマンが叩き合いから抜け出しV

2018年06月03日(日) 23:30

スタディオブマンが仏ダービー制覇、父ディープインパクトは日仏のダービーを産駒が制した(提供:Racingfotos Ltd)

 3日にフランスのシャンティイ競馬場で行われたジョッケクルブ賞(仏ダービー・G1・芝2100m)は、S.パスキエ騎手が騎乗し、中団で進めたディープインパクト産駒のスタディオブマン(牡3、仏・P.バリー厩舎)が、直線の叩き合いから抜け出し優勝した。重馬場で勝ちタイムは2:07.44。

 2着はM.バルザローナ騎手騎乗のパタスコイ(牡3、仏・X.トマドゥモールト厩舎)、3着はA.アムラン騎手騎乗のルイドール(牡3、仏・T.カスタニェイラ厩舎)。

 ディープインパクトは産駒のワグネリアン(牡3、栗東・友道康夫厩舎)が今年の日本ダービー(GI・芝2400m)を制しており、産駒の日仏ダービー制覇となった。昨日の英ダービーで期待されたディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)は4着に終わったが、ここで2ヶ国のダービー制覇の偉業を達成した。

 スタディオブマンは父ディープインパクト母セカンドハピネスその父Storm Catという血統で、日本で競走生活を送ったマンボネフューの半弟にあたる。母セカンドハピネスはG1・10勝の名牝ミエスクの娘で、大種牡馬キングマンボの妹でもある。4戦3勝・2着1回での戴冠となった。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す