netkeiba.com

同期で特別レースV一番乗りの山田、目標は母と師匠と一緒に口取り

2018年06月07日(木) 06:00

 特別初勝利を決め勢いに乗る山田

 まだあどけなさの残るルーキーの笑顔がはじける。今年3月にデビューし、4勝を挙げる山田敬士騎手(20)=美浦・小桧山。10番人気の伏兵キングクリチャンで制した先週3日の由比ヶ浜特別は格別の勝利だった。2度目の騎乗で決めた同期一番乗りとなる特別レースVに「ゴールした後は“やった!”というより“うれしい!”という気持ちでした」と喜びを爆発させる。

 レースの2日前には管理する高市厩舎へ出向き、指揮官と作戦を練ったという。「久々に先生と会って感激しました。競馬学校時代から、最もお世話になった方ですから」。デビュー前から木馬を使ったマンツーマン指導など、一人前になるためのサポートをしてくれた高市師への“恩返しV”をかみしめる。

 今の目標は女手ひとつで兄弟3人を育て、ジョッキーになる夢を応援してくれた母への孝行だ。「まだ母の目の前で勝ったことがありません。先週も2日は応援に来てくれたんですけど…。所属厩舎の馬で勝ち、母と小桧山先生で一緒に口取りに入ることが今の目標です!」と目を輝かせた山田クン。実現の日はそう遠くないはずだ。(デイリースポーツ・刀根善郎)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す