netkeiba.com

藤田菜七子“オリジナル勝負服”で躍進期す「勝ちにいきたい」

2018年06月21日(木) 06:00

 自らデザインした勝負服でレースに騎乗した藤田菜七子

 先週末の東京で連日の勝利を挙げ、JRA通算29勝目をマークした藤田菜七子騎手(20)=美浦・根本。JRA所属馬による地方競馬の2勝を含めて31勝となり、G1騎乗も可能になった。

 さらに19日の船橋で行われた『2018ヤングジョッキーズシリーズ・トライアルラウンド』の開幕戦では3、4着。JRA東日本1位となる暫定3位につけ、昨年に続く、年末のファイナルラウンド進出へ向け、上々のスタートを切った。

 注目されたのが、今年のシリーズから導入された騎手独自の勝負服だ。菜七子は黒地の胴に袖が水色、胸に3つの黄色の星をあしらったデザインになっている。自分で考えた“オリジナル勝負服”に、「悩んだけど、自分の好きな水色と黄色を入れたかった。本当は青色が一番好きなんですけどね」と明かす。

 次戦は8月23日の門別に臨む。「勝たないと(ファイナル進出が)厳しいので、勝ちにいきたい。頑張ります」。若手騎手No.1の座を目指し、日々精進を続ける菜七子。その先には、JRA女性騎手による史上初のG1騎乗が待っているかもしれない。(デイリースポーツ・刀根善郎)

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す