netkeiba.com

【英・コロネーションS】アルファケンタウリが6馬身差でG1連勝

2018年06月25日(月) 18:10

 22日はイギリスのアスコット競馬場で開催されるロイヤルアスコットミーティングの4日目。4Rで3歳牝馬限定のコロネーションS(G1・芝1600m)が12頭立てで行われた。

 レースは、C.オドノヒュー騎手騎乗のアルファケンタウリ(牝3、愛・J.ハリントン厩舎)が、好位から直線早めに先頭に立つと、そのまま後続を突き放し最後は2着に6馬身差をつけ圧勝。勝ちタイムは良馬場で1:35.89。

 2着がスレッディング(牝3、英・M.ジョンストン厩舎)。3着にはヴァレイシャス(牝3、英・M.スタウト厩舎)が入った。

 アルファケンタウリは父Mastercraftsman、母Alpha Lupi、その父Rahyという血統。デビュー2連勝の後は重賞戦線で勝利を挙げられずにいたが、前走の愛1000ギニー(G1・芝1600m)で巻き返し、初のタイトルを手にしていた。これでG1・2連勝。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す