netkeiba.com

【次走】サクソンウォリアー、中距離の大レースへ 凱旋門賞馬エネイブルと対戦の可能性も

2018年07月12日(木) 11:57

 7日にイギリスのサンダウン競馬場で行われたエクリプスS(G1・芝2000m)に、愛ダービーの3着から中6日で臨み2着となった日本産ディープインパクト産駒サクソンウォリアー(牡3、愛・A.オブライエン厩舎)。

 今後は、愛ダービーの直後に予定されていた通り、8月22日にヨーク競馬場で行われる英インターナショナルS(G1・芝2050m)から、9月15日にレパーズタウン競馬場で行われる愛チャンピオンS(G1・芝2000m)へというプランになっている。

 前者については、脚部不安で復帰が遅れている昨年の欧州年度代表馬・エネイブル(牝4、英・J.ゴスデン厩舎)も出走の可能性があるが、陣営は他レースも復帰戦の候補に挙げている。

 他にはエクリプスSサクソンウォリアーを破ったロアリングライオン(牡3、英・J.ゴスデン厩舎)など英インターナショナルSは豪華メンバーの一戦となりそう。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す