netkeiba.com

【海外競馬】米三冠馬ジャスティファイ故障で引退 デビューからわずか半年、無敗で現役を去る

2018年07月26日(木) 12:03

ベルモントSを制し、無敗で米三冠を達成したジャスティファイ(C)netkeiba.com

 今年の米三冠馬で6戦無敗のジャスティファイ(牡3、米・B.バファート厩舎)が、故障により現役を引退することがわかった。同馬は6月9日、アメリカのベルモントパーク競馬場で行われたベルモントS(G1・ダ2400m)を制し三冠を達成した後、球節に腫れが出て休養していたが、完調には時間がかかると判断され引退が決まった。

 ジャスティファイは父Scat Daddy母Stage Magicその父Ghostzapperという血統。今年2月にデビューし、3戦目でG1のサンタアニタダービーを制し、一冠目のケンタッキーダービー(G1・ダ2000m)では1882年のアポロ以来136年ぶりの3歳デビュー馬によるケンタッキーダービー制覇。無敗での米三冠達成は1977年のシアトルスルー以来史上2頭目。米三冠は2015年のバファート厩舎の先輩・アメリカンファラオ以来だった。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す