netkeiba.com

【小倉記念予想】“夏競馬の格言”を検証、そこで浮かび上がった馬とは?

2018年08月04日(土) 15:55

“夏競馬の格言”に当てはまるキンショーユキヒメだが果たして?(撮影:小金井邦祥)

 「夏は牝馬?」「夏は格より調子?」「夏は芦毛?」 競馬界でまことしやかに囁かれる夏競馬の格言について、netkeibaコラム「重賞データ分析」でおなじみの競馬ライター・小林誠さんにお話を伺った。

「それでは、夏競馬の“ベタ格言”をさらっと検証していこう。

 まずは、競馬ファンなら誰でも耳にしたことがあるであろう「夏は牝馬が強い」という格言だが、コレは一応は「本当」だ。というのも、夏負けで体調を崩すのは牡馬が多く、暑さに強い牝馬が相対的に成績を伸ばすから。正しくは「夏は牡馬が弱い」である。

 あとは「夏は格より調子や勢い」という格言も、同様のパターン。「格」を定義する上でわかりやすいのが斤量だが、ハンデ戦における斤量を「背負っている馬」の成績は、春に比べるとガクンと落ちる。なぜならば、真の一線級が夏はレースに出てこないため、いわば準・一線級が重いハンデを背負うことになるからだ。よって、「夏の格上は春とは違ってアテにできない」が正しい表現になるだろう。

 最後に「夏は芦毛が強い」という格言だが、これは明らかにウソ。確かに夏の暑さに強そうなイメージではあるが、芦毛馬がもっとも強いのは春競馬だ。夏の重賞に芦毛馬が出走していたからといって、それが買い材料にはならないのでご注意を。

 以上の内容を一文でまとめると「夏競馬は実績がアテにならない、とくに牡馬は要注意」となる。これを今年の小倉記念に当てはめると、食指が動くのはレイホーロマンスキンショーユキヒメの2頭だが、果たして……?」
(文=小林誠)

 夏競馬の格言はあながち間違っていないようだが、正しくは「実績馬、牡馬がアテにならない」というのが小林氏の見立て。さて、今年の小倉記念はいったいどんな結末になるのか。発走は8/5(日)15時35分。また、ウマい馬券ではプロ予想が無料でみられるキャンペーンを実施中です!馬券のプロたちはどの馬に◎を打ったのでしょうか。↓よりポイントを受け取って予想をご覧ください。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す