netkeiba.com

【仏・カドラン賞】4000mのG1をフランケル産駒コールザウィンドが制す/海外競馬レース結果

2018年10月09日(火) 14:15

 6日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われたカドラン賞(G1・芝4000m・8頭)は、好位でレースを進めたA.ルメートル騎手のコールザウィンド(セ4、仏・F.ヘッド厩舎)が直線3頭の争いから抜け出し優勝。勝ちタイムは稍重で4:24.41。

 2着は1.1/4馬身差でホールドザスアイグリーン(セ6、仏・B.オードワン厩舎)、3着は短頭差でモルガンルフェ(牝4、仏・A.ファーブル厩舎)が入った。

 コールザウィンドは父Frankel母In Cloverその父Inchinorという血統で、半姉ウィーアー、半妹ウィズユーもG1優勝馬。これが重賞初挑戦ながら、初勝利からの3連勝でG1制覇を果たした。

 また、カドラン賞は日本のオジュウチョウサン(牡7、美浦・和田正一郎厩舎)がフランスギャロから出走オファーを受けていたレース。

関連情報

みんなのコメント

  • 新着順
  • いいね順

新着ニュース

アクセス数ランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

カテゴリから探す