netkeiba.com

ユーザー投稿コラム

京成杯、日経新春杯 展望

2018年01月14日(日) 09:50 3

一昨年のキャロットワンツースリーをバッチリ当てている京成杯。中穴もちょいちょい来ますが、人気馬もなかなか絡んでいるレースです。

本命はジェネラーレウーノ。この馬の持っている資質に期待します。なかなかまともに走ってくれない難しい馬ですが、今回も状態良く、シャルドネゴールドを倒しているのも魅力です。能力は抜け出ているのではないでしょうか。

2頭を軸にするので、もう1頭はダブルシャープ。阪神外回りマイルの外枠とついてなさすぎの前走は度外視。札幌でもコーナーでスイスイ上がって来れる立ち回りの上手さを見せたので、ここではプラスに働きそう。馬群で脚を溜めればより楽しみは広がるだろう。

その他道悪じゃなければ実力あるサクステッド、逃げ粘りがしぶといコスモイグナーツ、中山が意外と合っていそうなギャンブラー、キャリア2戦目でも状態は結構良さそうなデルタバローズ。

外しは戸崎騎手人気が高いコズミックフォース。馬自体は中山2000だと忙しい印象。そもそも中山で上手く立ち回れるかも微妙だし、鞍上でかなり人気を被っている気がする。広く取ろうと思ってもこの馬には手が回りません。


逆に私がしばらく当てていない重賞である日経新春杯。堅かったり極端に荒れたりとなかなか判断が難しそう。雪の影響はさほど無いようで安心しました。

本命は昨年の覇者ミッキーロケット。当然トップハンデにはなるが、叩くことで良くなっていく馬なのでそういった意味では良く受け取れる。昨年は稍重で勝っているくらいだし、今年もさほど心配するポイントはないのでは。

もう1頭狙いがモンドインテロ。シルクは勢いあるが、それ以上にこの条件をベストと捉えることができる。詰めて使うことに関してはもっと間隔短くてもいいのかなと思うが、舞台適性はピカイチなので、積極的に狙う。

その他、上がってきた素質馬パフォーマプロミス、広いコースを求めて格上挑戦のカラビナ、逃げればしぶといロードヴァンドール、大穴で距離延長で上手く構えればのアクションスターまで。

外しはソールインパクト。京都のような直線平坦コースがもとは向いている馬ではなさそう。前走は上手くハマった感があり、本来ここでは力不足を感じるところ。
オルビスタ
投稿者
オルビスタ