netkeiba.com

みんなの投稿ニュース

Oscar Performance早くもG1 3勝目

2017年08月13日(日) 07:12 2 0

 8月中旬に入りました。8/12[日本時間:8/13早朝]は、米国で、芝のG1が4Rありました。1つ目のG1は、アーリントンパーク競馬場[Arlington Park Racetrack]で行われた

7R セクレタリアトS(米G1)[Secretariat Stakes](芝2000m / 3歳)

です。頭数は 6頭、馬場状態は Firm(堅良)でした。今年は、2頭

オスカーパフォーマンス[Oscar Performance](ベルモントダービー(米G1)等G1 2勝 / 米国組)
 vs
パーミアン[Permian](17パリ大賞(仏G1)2着 / 欧州組)

の一騎打ちでした。

 レースは、ほぼ差のないスタートから、ソニックブーム[Sonic Boom](17アメリカンダービー(米G3)優勝)がハナを奪う。その後に、Oscar Performanceが付けて、1角を回る。

 Permianは、中段4番手につけ、道中は、先頭〜最後方の ゴージャスキトゥン[Gorgeous Kitten](17アメリカンダービー(米G3)2着)まで5馬身差の長さで進む。

 3角以降の勝負所で、Oscar Performanceが先頭に並びかけ、直線へ。

 直線の叩き合いは、Oscar Performanceの一人勝ち。猛然と追い込む後方勢を尻目に、余裕の快勝を収めました。

 2着は、タージマハル[Taj Mahal](17仏ダービー(仏G1)4着)。3着が、アファンデム[Afandem](17メゾンラフィト大賞(仏G2))。

 Permianは、まさかの殿負け。

 勝ち時計は 2:01.79。

 勝った Oscar Performanceのは 牡3歳。G1 3勝目。

 騎乗は ホセ オルティッツ[Jose Ortiz]騎手、管理は ブライアン リンチ[Brian Lynch]調教師。

 血統は 父:Kitten's Joy、母:Devine Actress (母父:Theatrical)。
--------
【追記1】
 ネタ元URLは、このレースの全着順一覧(Equibase より)です。

【追記2】
 勝った Oscar Performanceの血統表を添えておきます。

●血統表URL: http://www.pedigreequery.com/oscar performance2 [Pedigree Queryより]

【追記3】
 レース映像は、コメント欄にて、記載します。

ネタ元:http://www.equibase.com/premium/chartEmb.cfm?track=AP&raceDate=08/12/17&cy=USA&rn=7

みんなのコメント 2

  • 新着順
  • いいね順
  • かつを
    かつを
    2017/08/13 11:02

    パーミアンは入線時の故障?(競走中止?)で予後不良の診断がされたそうです。ビュイック騎手も落馬負傷、骨折しているとの報もあります。 映像の観方もありがたいですが、そういった追記事はありませんでしょうか。実際レースを観れば、決勝線直後に馬に異常が発生してビュイック騎手が落馬するところがあり、何が起きたのかと感じるはずですが。 ともかく、パーミアンの故障は残念です。

  • スーパーやっち
    スーパーやっち
    2017/08/13 07:15

    【追記3】  下記URLより、以下の操作をしてから御覧ください. (1)下記URLを別Tab等で開く。 (2)Select a Date(開催日の選択)で、Sat Aug 12,2017(2017年8月12日)を選択する。 (3)Select a Race(レース番号の選択)で、左右の移動ボタンを押して、7Rを選択する。 (4)画面内の再生ボタンをclickする。これで、閲覧可能です。 ●レース映像URL: http://www.arlingtonpark.com/racing-wagering/toteboard [Arlington Park公式 - Racing-Wageringより / Full]