netkeiba.com

トレヴの全妹など良血も多く上場される海外主要1歳セールの動向

2015年07月08日(水) 12:00



2年前の「ファシグティプトン・サラトガセール」の上場番号85番がアメリカンフェイロー

「過去最高の品揃え」と、世界各国の関係者の間で話題となっているJRHAセレクトセール1歳部門(7月13日、ノーザンホースパーク)を皮切りに、北半球における1歳馬セレクトマーケットのサーキットがスタートする。

 JRHAセレクトセールの後を受けて開催される米国と仏国の主要セールも、既に上場馬の顔触れが出揃っている。

 8月10日と11日に米国ニューヨーク州で開催される、伝統の「ファシグティプトン・サラトガセール」には、208頭が上場を予定している。

 昨年の165頭、一昨年の152頭に比べると、大幅な増加となった。米国のサラブレッド生産頭数は、3万5千頭を越えた2005年をピークに減少を続けており、今年の1歳世代となる2014年生まれも、前年に比べて4.6%減の2万300頭という暫定値が発表されている。生産頭数が減っているゆえ、セールに上場される馬の数もおのずと各所で減少しているのだが、さすがは老舗市場である。絶大なブランド力で、上場頭数の大幅な増加を果たした。

 2年前のこのセールの上場番号85番が、今年春に37年ぶり史上12頭目の3冠を獲得したアメリカンフェイローで、テイラーメイド・セールスエージェンシーから上場された同馬は30万ドルでインゴート・ブラッドストックに購買されている(実際の購買者は、同馬の生産者であるアーメド・ザヤット氏で、つまりは買戻しだったのだが、セールの記録上は購買成立となっている)。

 今年のカタログの上場番号85番は「欠番」扱いとなっており、アメリカンフェイローの3冠を祝うコメントが記載をされている。母がG1勝ち馬、兄姉がG1勝ち馬という上場馬が15頭スタンバイしている中、血統的にセールの目玉となりそうなのが・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

合田直弘

1959年(昭和34年)東京に生まれ。父親が競馬ファンで、週末の午後は必ず茶の間のテレビが競馬中継を映す家庭で育つ。1982年(昭和57年)大学を卒業しテレビ東京に入社。営業局勤務を経てスポーツ局に異動し競馬中継の製作に携わり、1988年(昭和63年)テレビ東京を退社。その後イギリスにて海外競馬に学ぶ日々を過ごし、同年、日本国外の競馬関連業務を行う有限会社「リージェント」を設立。同時期にテレビ・新聞などで解説を始め現在に至る。<br>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す