netkeiba.com

負ける要素が見当たらないアメリカンフェイローの始動戦

2015年07月29日(水) 12:00



競馬の枠を大きく飛び出した国民的英雄・アメリカンフェイロー

 今週日曜日(8月2日)にニュージャージー州のモンマスパーク競馬場で行われるG1ハスケルインヴィテーショナル(d9F)に、3冠馬アメリカンフェイロー(牡3、父パイオニアオヴザナイル)が出走する。彼の実戦は6月6日のG1ベルモントS(d12F)以来8週間ぶりで、すなわち、3冠馬としての出走はここが初めてとなる。

 今やアメリカンフェイローは、競馬の枠を大きく飛び出した国民的英雄である。3冠期間中に拠点としていたケンタッキー州のチャーチルダウンズから、本拠地のカリフォルニアに戻ってきたのは6月18日だったが、オンタリオ空港からサンタアニタ競馬場まで、アメリカンフェイローが乗った馬運車を地元警察の白バイが先導。上空をマスコミ各社のヘリコプターが追尾する中、サンタアニタ競馬場のボブ・バファート厩舎に到着すると、200人を超える報道人が待ち構えていた。

 しばらく軽い運動にとどめて、3冠を戦い抜いて蓄積されているに違いない疲労の回復に務めた後、初めて時計を出したのが6月29日で、サンタアニタで3Fを追われて36秒4の時計をマーク。その後、7月6日には4Fから追われて47秒6、7月12日には5F=59秒2、6F=1分12秒4と、追い切りの距離を伸ばしつつ、徐々にシャープな内容の調教をこなしてきた。

 7月16日のデルマー開催開幕を前に、カリフォルニア南部の各厩舎も拠点をデルマーに移すが、バファート厩舎の移動は7月13日の夜から14日早朝にかけて行われ、アメリカンフェイローを乗せた馬運車はサンタアニタから6時間かけて14日の朝4時にデルマーに到着。さすがにこの時間では出迎えも少なかったが、その3時間半後に馬場入りした段階では6台のテレビカメラを含む多数のメディアが集結。その後、厩舎で行われたフォトセッションでは、10分以上にわたってカメラの放列の前でポーズをとるサービス精神を発揮している。

 デルマーで初めて時計を出したのは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

合田直弘

1959年(昭和34年)東京に生まれ。父親が競馬ファンで、週末の午後は必ず茶の間のテレビが競馬中継を映す家庭で育つ。1982年(昭和57年)大学を卒業しテレビ東京に入社。営業局勤務を経てスポーツ局に異動し競馬中継の製作に携わり、1988年(昭和63年)テレビ東京を退社。その後イギリスにて海外競馬に学ぶ日々を過ごし、同年、日本国外の競馬関連業務を行う有限会社「リージェント」を設立。同時期にテレビ・新聞などで解説を始め現在に至る。<br>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す