netkeiba.com

【川田将雅×藤岡佑介】第2回『川田騎手がこだわる“レース後コメント”』

2016年04月13日(水) 18:01

藤岡佑介騎手がホスト役となり、ホースマンの本音に斬り込む新連載『with佑』。大親友・川田将雅騎手との対談第2回目は、「騎手コメント」がテーマです。レース後に騎手が発する言葉は、紙面やネットでたくさんの人の目に触れます。しかし、実際に話した時と文字になってからでは、印象やニュアンスが変わってしまうことも。そこで、コメントの仕方に“自分ルール”を設けた川田騎手。佑介騎手がその真意に迫ります!(構成:不破由妃子)


(前回のつづき)

将雅は“自分ルール”が多すぎる


佑介 将雅のレース後のコメントで、ひとつ気になっていることがあって。「今日は馬がよく動いていた」とか、「動く」「動かない」っていう言葉を使うよね。

川田 そうかな? 言ってる?

佑介 よく使ってるよ。ハープスターにしても、「一度も本気で動いてない」ってよく言ってたやん。印象的なのは、ハープに限らず、勝ったのに「今日は動いてない」とか「まだ動いてない」とか。俺はジョッキーだから感覚的にはわかるんだけど、はたしてファンに伝わってるのかなと思って。どういう意図で使ってるの?

川田 「動いてない」ということは、結果を問わず、その馬本来の能力を出し切れた感覚がないっていうことやね。本来なら、もう一段階スピードが乗るはずなのに、今日は乗らなかった。結果、「動いてない」っていう表現になる。

佑介 わかるんだけど、俺は「動く、動かない」という言葉を使おうとは思わない。なぜなら、「自分が動かせてないのか」「馬が動かなかったのか」となると…。非常に使いづらい表現で。

川田 あぁ、そういうことか。

佑介 それを普通に「動いてない」と言えるっていうことは、馬が動ける状態にあれば、動かし切ることができるという自負があるからちゃう?

with 佑

▲「“動く、動かない”というのは使いづらい表現。それを使えるのは、馬を動かし切る自負があるからでは?」


川田 言われてみればそうだわ。「自分が動かせていない」という発想がなかった。

佑介 そうだろうと思ったよ。だから、将雅の「動いてない」という表現は、逆にその馬には伸びしろがあるということなんだよね。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

  • 2 / 4

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

「with 佑」とは

JRAジョッキーの藤岡佑介がホスト役となり、騎手仲間や調教師、厩舎スタッフなど、ホースマンの本音に斬り込む対談企画。関係者からの人望も厚い藤岡佑介が、毎月ゲストの素顔や新たな一面をグイグイ引き出し、“ここでしか読めない”深い競馬トークを繰り広げます。

関連情報

関連カテゴリ

藤岡佑介

1986年3月17日、滋賀県生まれ。父・健一はJRAの調教師、弟・康太もJRAジョッキーという競馬一家。2004年にデビュー。同期は川田将雅、吉田隼人、津村明秀ら。同年に35勝を挙げJRA賞最多勝利新人騎手を獲得。2005年、アズマサンダースで京都牝馬Sを勝利し重賞初制覇。2013年の長期フランス遠征で、海外初勝利をマーク。2018年には、ケイアイノーテックでNHKマイルCに勝利。GI初制覇を飾った。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す