netkeiba.com

目指せ!リーディングジョッキー 地方競馬教養センター95期修了式

2017年04月04日(火) 18:00

新人騎手

4月から順次デビューしていく6名の新人騎手をご紹介します!




桑島孝春参与「よくここまで育ってくれましたね」


 3月29日、栃木県那須塩原市にある地方競馬教養センターにて、第95期騎手候補生の修了式が行われました。2年間の厳しい訓練を終え、無事騎手免許試験に合格しました。全国各地の競馬場で、4月から順次デビューしていく6名の新人騎手をご紹介します。

 まずは、95期の指導を行ってきた、元騎手の桑島孝春参与にインタビュー。

赤見:95期修了おめでとうございます!無事にこの日を迎えていかがですか?
桑島:感慨深いものがありますね。95期は2年前13名が入所したんですけど、体重管理ができなかったり、センターのルールを守れなかったりと結局7名が退所しまして、本当にいろいろ大変な時期もありましたから。騎手になった6名は、みんなとても真面目で一生懸命です。よくここまで育ってくれましたね。

赤見:これからプロの騎手としてデビューするわけですが、即戦力としてはいかがでしょう?
桑島:まだ力強さに欠けるところがありますから、そういう部分は実践を積んでさらに成長して欲しいです。関係者の方々に可愛がってもらって、たくさん乗せてもらうことが大事ですね。まずはデビュー戦、そして1つ勝つことが目標になるので、これから毎日テレビやネットでチェックする日々です。毎年ですけど、全員が1勝するまでは落ち着かない日々ですね(笑)。

 それでは、6名の新人騎手をご紹介します。センターでの出席番号順(北にある競馬場所属順)でご紹介していきます。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

常石勝義

常石勝義<br /> 1977年8月2日生まれ、大阪府出身。96年3月にJRAで騎手デビュー。「花の12期生」福永祐一、和田竜二らが同期。同月10日タニノレセプションで初勝利を挙げ、デビュー5か月で12勝をマーク。しかし同年8月の落馬事故で意識不明に。その後奇跡的な回復で復帰し、03年には中山GJでGI制覇(ビッグテースト)。 04年8月28日の豊国JS(小倉)で再び落馬。復帰を目指してリハビリを行っていたが、07年2月28日付で引退。現在は栗東トレセンを中心に取材活動を行っているほか、えふえむ草津(785MHz)の『常石勝義のお馬塾』(毎週金曜日17:30〜)に出演中。<br />

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す