netkeiba.com

熱戦が繰り広げられた第9回ジョッキーベイビーズ・前篇

2017年10月11日(水) 18:00



子どもたちの真剣勝負、その裏側


 2009年より始まった全国ポニー競馬選手権・ジョッキーベイビーズ(以下JB)は、今年で9回目を迎えた。夏に戻ったかのような暑さに見舞われた10月8日(日)の東京競馬場に、全国各地の予選を勝ち抜いた8人が勢揃いして、今年も熱戦が繰り広げられた。

 すでに報じられているように、今年は2番の加藤雄真君が、ゴール直前で先行する後藤蒼二朗君と高橋駈さんを交わし、東北新潟地区に初の栄冠をもたらした。今週と次週の二回に分けて、2日間の様子をリポートしたいと思う。

さて、今年の出走メンバーは以下の通りである。

1.北海道 高橋駈さん 小6 ハショウボーイ
2.東北新潟 加藤雄真君 小6 栗姫
3.関東 佐藤翔馬君 中1 オオタニハヤテ
4.長野 木村暁琉君 小5 ドリームスター
5.東海 高木蒼武君 中1 エンベツクイーン
6.関西 後藤蒼二朗君 中1 ヒメ
7.九州 源川京汰君 中1 ゴット
8.九州 小田大君 中1 銀次郎

 今年は沖縄予選がなくなり、代わって九州地区から2人が出場することになった。それぞれの氏名と学年の後に記されているのは騎乗馬である。

 前日土曜日の午後2時に東京競馬場事務所に集合した8人は、まず説明会と騎乗馬抽選会からスタートである。全員、真剣なまなざしで翌日までのスケジュールを聞き・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

  • 1 / 2

関連情報

関連カテゴリ

田中哲実

岩手の怪物トウケイニセイの生産者。 「週刊Gallop」「日経新聞」などで 連載コラムを執筆中。1955年生まれ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す