netkeiba.com

東北・新潟地区代表に初の栄冠 第9回ジョッキーベイビーズ・後篇

2017年10月19日(木) 18:00

ジョッキーベイビーズ

未来のジョッキーが熱戦を繰り広げた、第9回ジョッキーベイビーズ



「将来は騎手になりたい」観客の盛んな声援に応え


 朝から好天に恵まれた東京競馬場。この日のメインは毎日王冠である。東京開幕週であり、秋のG1戦線に向け有力馬が顔を揃えたこともあって、この日は早い時間帯から多くのファンが競馬場に集まってきた。明らかに昨年よりも人の多いことが分かる。気温も高めで、半袖の人が大半だ。

 ジョッキーベイビーズ(以下JB)に出場する8人の集合時間は午後2時半。以前は、昼休みにJBが実施されていたため、朝の集合時間だったが、12レース終了後の時間帯にずれてからはスケジュールが大きく変わった。

 三々五々、競馬場にやってきた8人は、それぞれの家族や応援団とともに、メモリアルスタンド7階の来賓室にてレースを観戦したり、競馬場内のさまざまな施設を見学に出かけたりして過ごす。1人につき15人までの応援団の枠が設けられているので、この日は前日よりもずっと関係者の数が増えている。

 集合時間になった。事務所2階の会議室に8人と家族が集まる。そこで改めて当日のスケジュールが確認され、すぐに勝負服に着替え、その後乗馬センターにみんなで移動する。カラフルな勝負服に身を包んだ8人と応援団が揃って移動するので、ひどく目立つ。

 乗馬センターで、まず岡部幸雄氏からゼッケンを受け取り、激励を受けた。その名前入りのゼッケンを掲げて8人がエイエイオーと気勢を上げる。騎乗馬に馬装をして、最後の練習が始まる。勝負服を着用しているので、いよいよ本番の近いことが伝わってくる。スタンドの方角から毎日王冠の歓声が聞こえてくるが・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

  • 2 / 2

関連情報

関連カテゴリ

田中哲実

岩手の怪物トウケイニセイの生産者。 「週刊Gallop」「日経新聞」などで 連載コラムを執筆中。1955年生まれ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す