netkeiba.com

非サンデーサイレンス系種牡馬の活躍(村本浩平)

2017年10月24日(火) 18:00



◆重馬場も苦にしなかったパワーは「武器」になる

 前回のコラム(生産馬を仕上げる社台グループの技術とノウハウ)で書かせてもらったディアドラの初重賞制覇と、3歳世代の活躍によっても証明されたノーザンファーム早来の牝馬育成厩舎の躍進だが、その後、ディアドラは見事に秋華賞を優勝。管理をしていた佐藤厩舎は初重賞制覇から、一気に初GI制覇の喜びを味わうことになった。

 佐藤洋輔厩舎長とはレースの後で話す機会があったのだが、育成厩舎のスタッフや牝馬厩舎を束ねる日下和博調教主任だけでなく、「ディアドラに関係したみんなとのチーム力があったからこそ、秋華賞を勝てたのだと思います」と管理をする橋田厩舎、そして、中間の調整を行ってきたノーザンファームしがらきスタッフへの感謝も語っていたのが印象的だった。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

赤本取材班

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す