netkeiba.com

北半球各国で来季の種付け条件が公表

2017年11月22日(水) 12:00



◆フランケルの値動きが大きな話題

 英国や愛国の芝平地競馬は既にシーズンオフに入り、いくつか主要競走を残している北米も含めて、北半球各国では来春の種牡馬のラインナップが出揃いつつある。それにともない、各地の種牡馬繋養牧場から漸次、来季の種付け条件が公表されている。

 その値動きが大きな話題となったのが、英国のバンステッドマナースタッドで繋養されているフランケル(父ガリレオ)だ。御存知のごとく、14戦無敗の戦績を残して「史上最強馬」の称号を得て、2013年に種牡馬入り。以降、昨年まで12万5千ポンド(17年11月15日現在のレートで約1912万円)に据え置かれた種付け料が、2018年は17万5千ポンド(約2677万円)に上がることになった。

 初年度産駒が2016年に2歳になり、欧州でデビューした35頭のうち45.7%にあたる16頭が勝ち上がり、このうち4頭が重賞勝ち馬になっただけでなく、日本でデビューしたミスエルテがG3ファンタジーSを制覇するという、フライングスタートを決めたのがフランケルだ。

 それにもかかわらず、2017年春の種付け料は据え置きになったのだが、その後、日本でソウルスターリングがG1優駿牝馬=オークスに優勝。その一方でヨーロッパでは、重賞勝ち馬は複数出ていたものの、G1に手が届く馬はなかなか現れなかったが・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

合田直弘

1959年(昭和34年)東京に生まれ。父親が競馬ファンで、週末の午後は必ず茶の間のテレビが競馬中継を映す家庭で育つ。1982年(昭和57年)大学を卒業しテレビ東京に入社。営業局勤務を経てスポーツ局に異動し競馬中継の製作に携わり、1988年(昭和63年)テレビ東京を退社。その後イギリスにて海外競馬に学ぶ日々を過ごし、同年、日本国外の競馬関連業務を行う有限会社「リージェント」を設立。同時期にテレビ・新聞などで解説を始め現在に至る。<br>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す