netkeiba.com

早期デビューはクラシックへの近道(辻三蔵)

2018年04月24日(火) 18:00



◆今春も良血2歳馬が続々とゲート試験合格

「素質馬は2歳秋デビュー」は一昔前の話。昨年の朝日杯フューチュリティS2着馬で今年のスプリングSを優勝したステルヴィオは3月30日に美浦トレセンに入厩。4月7日にゲート試験に合格後、ノーザンファーム天栄に短期放牧。1カ月間の調整期間を経て5月12日に帰厩し、6月4日の2歳新馬戦(東京芝1600m)で勝利した。

 6月の阪神開催では昨年の朝日杯フューチュリティSを勝ったダノンプレミアム(6月25日出走)、7月の中京開催で昨年の東京スポーツ杯2歳Sを優勝したワグネリアン(7月16日)が新馬戦を勝利。

 夏の新潟開催では桜花賞を優勝したアーモンドアイ(8月6日出走)、昨年の阪神ジュベナイルFを制したラッキーライラック(8月20日出走)がデビューしている。

 初期育成の技術向上、成長段階を見極めた上で・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

赤本取材班

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す