netkeiba.com

クラス名を変更するなら収得賞金とメイクデビュー廃止を

2018年06月28日(木) 12:00



 来年の夏季競馬から、降級制度が廃止されることに伴い、競走条件の呼称が変更されることがJRAから発表された。

 原則として勝利度数によるクラス分け(競走条件)となることから、現行での500万円以下は「1勝クラス」、1000万円以下は「2勝クラス」、1600万円以下は「3勝クラス」となる。新馬・未勝利・オープンについては現行どおりの表記だという。そして、新しい呼称へのスムーズな移行のため、当面の間、現行の「500万円以下、1000万円以下、1600万円以下」を併記するとのこと。

「呼称」の変更だから、クラス分けの方法はこれまでどおりなのだろう。また、「原則として」ということは例外があり、それは重賞で2着になって賞金が加算され、クラスが上がることなどか。「当面の間」というのも、いつまでなのか、気になるところだ。

 降級制度廃止も、クラス名変更も、目的のひとつは「わかりやすいものにすること」だという。

 シンプルなものが好きで、算数が苦手な私にとっては、おおむねありがたい――と言いたいところだが、実は、この報せを聞いて愕然とした。

 というのは、レースシーンの描写があり、「500万下」といった表記をいくつも使った原稿用紙430枚ほどの競馬ミステリーを書き上げたばかりだったからだ。仕方なく、「500万下」とするのは初出を含む2カ所だけにし、そのほかは「条件戦」に書き換えて編集者に送った。来年夏以降、表記が「○勝クラス」になっても、そこでのレースは「条件戦」のままであることを祈りたい。

 さて、クラス分けの「わかりやすさ」に関して、ふたつばかり、思うところがあるので記したい。

 ひとつは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

島田明宏

作家。1964年札幌生まれ。ノンフィクションや小説、エッセイなどを、Number、週刊競馬ブック、優駿ほかに寄稿。好きなアスリートは武豊と小林誠司。馬券は単複と馬連がほとんど。ワンフィンガーのビールで卒倒する下戸。著書に『誰も書かなかった武豊 決断』など多数。『消えた天才騎手 最年少ダービージョッキー・前田長吉の奇跡』で2011年度JRA賞馬事文化賞、小説「下総御料牧場の春」で第26回さきがけ文学賞選奨を受賞。netkeiba.com初出の小説『絆〜走れ奇跡の子馬〜』が2017年にドラマ化された。最新刊は競馬ミステリー『ダービーパラドックス』。<br /> <br /> 関連サイト:<a href="http://shimada.sports.coocan.jp/" target="_blank">島田明宏Web事務所</a>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す