netkeiba.com

サクソンウォリアーを破ったラトローブの父・キャメロットには要注目

2018年07月04日(水) 12:00



◆3歳春を迎えて俄然動きが良くなったキャメロット産駒

 6月30日にカラ競馬場で行われたG1愛ダービー(芝12F)は、ジョゼフ・オブライエンが管理し、ドナカ・オブライエンが騎乗した5番人気のラトローブ(牡3、父キャメロット)が優勝。オッズ2倍の1番人気に推された日本産馬サクソンウォリアー(牡3、父ディープインパクト)は3着に敗れた。

 そのサクソンウォリアーを含めて、2着馬から5着馬までの4頭は、エイダン・オブライエンの管理馬だったから、父親が擁した巨大軍団が、息子たち二人のタッグに敗北した結果となったわけだ。開業3年目のジョゼフ・オブライエンにとって、これがクラシック初制覇。ドナカ・オブライエンによっては、サクソンウォリアーで制した今年5月のG1二千ギニー、フォーエヴァートゥゲザーで制した今年6月のG1英オークスに続き、3度目のクラシック制覇となった。

 前走の英ダービーに続く連敗を喫したサクソンウォリアーだが、勝ち馬マサーに4.1/2馬身遅れた前走に比べれば、勝ち馬ラトローブに1/2馬身+首差に迫った今回の方が、内容的には上質なものだった。懸案の距離(12F)については、こなせなかったわけではなかったが、ギリギリもったという印象で、より高い適性はもう少し短い距離にあるように思う。

 管理するエイダン・オブライエンもレース後、今後のサクソンウォリアーが10F路線を目指すことを示唆し、具体的には8月22日にヨークで行われるG1インターナショナルS(芝10F56y)が目標になるようだ。

 さて、勝ったラトローブは、・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

合田直弘

1959年(昭和34年)東京に生まれ。父親が競馬ファンで、週末の午後は必ず茶の間のテレビが競馬中継を映す家庭で育つ。1982年(昭和57年)大学を卒業しテレビ東京に入社。営業局勤務を経てスポーツ局に異動し競馬中継の製作に携わり、1988年(昭和63年)テレビ東京を退社。その後イギリスにて海外競馬に学ぶ日々を過ごし、同年、日本国外の競馬関連業務を行う有限会社「リージェント」を設立。同時期にテレビ・新聞などで解説を始め現在に至る。<br>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す