netkeiba.com

節目の第10回ジョッキーベイビーズ(前編)、今年も個性豊かなメンバーに

2018年10月10日(水) 18:00

生産地便り

節目の第10回ジョッキーベイビーズが行われた

姉は過去3着、藤田菜七子騎手と対戦した経験があるエリートも


 今年でついに10回目の節目を迎えることになった「全国ポニー競馬選手権、ジョッキーベイビーズ(以下JB)」。私事ながら、第1回目から欠かさず現地取材させて頂いているので今年は感慨深いものがあった。当初はここまで継続するかどうか全く予測できなかったのだが、紆余曲折しながらルール改正を繰り返し、何とか10回目まで漕ぎつけることができた、という印象だ。

 10月6日(土)。日本海を北上中の台風25号がもたらす強い暖気が関東地方に入り、東京はひどく暑かった。朝の気温が13度しかない新千歳空港を飛び立ち、お昼前に東京競馬場入りした時にはすでに気温が30度にも達していた。一気に汗が噴き出てきて、顎から滴り落ちる。ギラギラ照りつける太陽光線が眩しすぎる。立ちくらみしそうになるほどの熱気を感じながら、これから2日間に及ぶ取材のことを考えると気が重くなりそうだった。

 今年も全国の予選を勝ち抜いた8人の騎手が東京競馬場に集まってきた。午後2時。恒例の説明会と騎乗馬抽選からスケジュールが始まった。

生産地便り

前日の説明会と抽選会風景。左ワッソルメン・エミさんから奥藤原さん

 不安と緊張に包まれ、手探り感満載の中でスタートした第1回JBの時とは異なり、10回目ともなると、妙にこなれた雰囲気が漂う。というのは、今回の8人のうち、2人が昨年に続いて連続出場すること、また別の2人は兄姉が過去に出場しており間近で観戦した経験を持つこと、などがその主な理由だが、それ以外にも今では過去のレース映像が動画サイトなどでいくらでも見られる時代なので、情報を得やすい環境が整ってきたことも大きい。

 さて、今回の第10回JBの出場者は以下の通り。

1 ワッソルメン・エミさん (中1)沖縄
2 吉永 梨乃さん     (小5)九州
3 岡 航世(こうせい)君  (中1)関西
4 吉田 夏希(なつき)さん (中1)東海
5 木村 暁琉(あきる)君  (小6)長野
6 神馬 壮琉(たける)君  (小6)関東
7 加藤 雄真(ゆうま)君  (中1)東北・新潟
8 藤原 結美(ゆみ)さん  (小6)北海道

 説明会の後の抽選会では、例によって1番のワッソルメン・エミさんより、まず「騎乗馬を引く順番を決めるためのくじ」を引くことになった。8人がそれぞれ番号を引き、次に1番を引いた加藤雄真君より、今度は馬名の記された紙を引く騎乗馬抽選に移った。その結果、加藤君は昨年と同じ「栗姫」を引き当てる運の強さを発揮したのには驚かされた。

生産地便り

栗姫を引いた加藤雄真君

 騎乗馬は以下の通り決定した。・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

田中哲実

岩手の怪物トウケイニセイの生産者。 「週刊Gallop」「日経新聞」などで 連載コラムを執筆中。1955年生まれ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す