netkeiba.com

堀宣行厩舎の新馬戦必勝法(辻三蔵)

2018年10月16日(火) 18:00

モレイラ騎手に合わせたローテーション


 今年の2歳戦の生産者別成績では、ノーザンファーム生産馬が最多の94勝を挙げている(データは2018年10月14日現在)。全体の勝利数(317勝)の30%を占めており、獲得賞金(10億9185万円)は10億円を超えた。2位社台ファーム(18勝、獲得賞金2億3110万円)、3位ビッグレッドファーム(6勝、獲得賞金9055万円)を大きく引き離している。

 馬主別成績ではノーザンファームと連携するキャロットファーム(20勝)、シルクレーシング(18勝)、サンデーレーシング(17勝)が1〜3位を独占。ノーザンファーム生産馬が主軸を占める社台グループオーナーズの吉田勝己氏(9勝)、個人馬主の金子真人ホールディングス(7勝)、近藤利一氏(7勝)、ダノックス(6勝)が高確率で勝ち上がっている。

 ノーザンファーム1強体制が確立した現在、調教師に必要なのは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

赤本取材班

須田鷹雄+取材班が赤本紹介馬の近況や有力馬の最新情報、取材こぼれ話などを披露します!

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す