netkeiba.com

盛岡薄暮開催の効果は

2018年10月30日(火) 18:00

起死回生の手段を見出したが…


 そのだ金曜ナイターが10月26日で終了し、岩手競馬ではこの秋から始まった盛岡の薄暮開催(といっても最終レースはほとんどナイター)が11月5日まで、その後は開催を水沢に移す。地震の影響で1週開催が伸びた門別も11月15日が今シーズンの最終日。地方競馬には駆け足で冬がやってくる。

 9月29日に始まった盛岡の薄暮開催は、12レース施行の日では最終レースの発走が18時10分か15分。昼間開催だった昨年まで、盛岡の秋開催は日没の関係で週を追うごとに最終レースの時刻が早まり、10月初旬は16時40分だったものが、盛岡開催最終週の11月初旬には15時50分にまで早まっていた。

 果たして、その薄暮開催の効果は、おおいにあった。

 岩手競馬の昨年10月の1日平均の売得金は2億4736万5800円だったのが、今年10月は、なんと3億7495万4000円。前年比で実に151.6%という伸びとなった。ちなみに4〜9月の前年同期比は111.0%だったから、10月の伸びがいかに顕著だったかがわかる(なお今年10月の売得金は著者調べ、それ以外はNARの発表による。以下同)。

 その10月の売上では・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

斎藤修

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す