netkeiba.com

ハッピーグリン、地方からの挑戦

2018年11月20日(火) 18:00

馬主・会田裕一さんが地方にこだわる理由


 今週のジャパンCには地方競馬からハッピーグリンが出走する。地方馬のジャパンC出走は、2009年8歳時のコスモバルク(12着)以来9年ぶりのこと。ちなみに、そのコスモバルクは3歳時から毎年、6年連続でジャパンCに出走していたということでは、あらためて驚かされる。

 ハッピーグリンは昨年2歳時、JRA札幌のコスモス賞、すずらん賞でともに3着と芝への適性を見せていた。その後は門別に戻り、重賞のサンライズCで惜しくも1/2馬身差で2着。勝ったのは、その後船橋に移籍して羽田盃を制したヤマノファイトだから、ダートでも世代トップクラスの能力を見せていた。

 ホッカイドウ競馬で2歳時にこれだけの実績を残せば、2歳シーズン終了後は南関東などへの移籍を考えるのが普通だ。しかしハッピーグリンは・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

斎藤修

1964年生まれ。グリーンチャンネル『地・中・海ケイバモード』解説。NAR公式サイト『ウェブハロン』、『優駿』、『週刊競馬ブック』等で記事を執筆。ドバイ、ブリーダーズC、シンガポール、香港などの国際レースにも毎年足を運ぶ。

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す