netkeiba.com

グレートタイムの全妹エターナルディーバ

2018年11月28日(水) 12:00

●ヴァリオブキングズ(牡 栗東・大久保龍志 父ハーツクライ、母アーキオロジー)

 朝日チャレンジC(GIII・芝1800m)を勝ったアルキメデス(父アドマイヤムーン)の半弟。母アーキオロジーはホープフルS(米G1・ダ7f)を勝ったSky Mesaの半妹にあたる良血。「ハーツクライ×Seeking the Gold」は秋華賞(GI)2着馬キョウワジャンヌをはじめ8頭中5頭が中央で勝ち上がり、連対率33.3%、1走あたりの賞金額322万円。これはハーツクライ産駒全体の18.2%、196万円を大きく上回る。

 また、「サンデーサイレンス、Storm Cat、Affirmed」を併せ持つ馬は走っており、半兄アルキメデスのほかにアユサン(13年桜花賞-GI)、ショウナンマイティ(12年大阪杯-GII)、ペルフィカ(15年フィリーズレビュー-GII・2着)、マウレア(18年チューリップ賞-GII・2着)、アドマイヤアルバ(18年京都新聞杯-GII・2着)など活躍馬が出ている。アベレージの低い種牡馬も混じるなか連対率22.4%はきわめて優秀だ。芝1600から2000mがベスト。

●エターナルディーバ(牝 栗東・清水久詞 父キングカメハメハ、母ミラクルレジェンド)

 グレートタイム(18年ジャパンダートダービー-Jpn1・3着、18年ユニコーンS-GIII・2着)の全妹、コンプリートベスト(父エンパイアメーカー/現1000万下)の半妹。母ミラクルレジェンド(父フジキセキ)はエンプレス杯(Jpn2)をはじめ多くの重賞を勝って牝馬ダート路線の女王として君臨した。母の半弟ローマンレジェンドは東京大賞典(GI)など4つの重賞を制覇。2代母パーソナルレジェンドはターンバックジアラームH(米G3・ダ9f)、ステージドアベティH(米G3・ダ8.5f)の勝ち馬。

 このように・・・

続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

登録済みの方はこちらからログイン

関連情報

関連カテゴリ

栗山求

68年生まれ。血統専門誌『週刊競馬通信』の編集長を務めたあと97年からフリー。現在は血統関係を中心に雑誌・ネットで執筆活動を展開中。 関連サイト:<A HREF="http://kuriyama.miesque.com/" target="_blank">栗山求の血統BLOG</A>

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

このコラムの更新通知を
受け取りますか?

お気に入り

すでにお気に入りに登録しています。

登録済み

新着コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング

コラムを探す

更新スケジュールから探す

カテゴリから探す